2021年スペシャルメニュー最終版.jpg

60、豚ひき肉の香草あえ、 豚ラープ ラープムー

SPICY PORK MIX ¥990

IMG_0883.jpg

​よくお客様に『ラープってなんですか?」とよく聞かれます。ラープとはラオス語、またはタイ東北地方の言葉で意味は包丁で細かく叩き切るという意味です。この豚のラープは豚肉をとにかくマナ板の上で細かくなるまで叩き、それを鍋で少しの水分ともに火を通します。油は一切つかいません。火が通ったら茹でた豚のホルモン、レバー、ガツ(豚の胃袋)などの豚の内臓系食材をいれレモン、ナンプラー、唐辛子、そしてカオクワという米を炒って粉末状にした粉もいれ、さらにミントの葉、赤玉ねぎなどもいれよく和えます。パクチーを上にのせて完成です。ヘルシーだけどパンチ力充分のタイ、ラオスの郷土料理です。タイのモチ米「カオニャオ」とよく合います

61、鶏ひき肉の香草あえ 鶏ラープ ラープガイ

SPICY CHICKEN MIX ¥990

IMG_0199.jpg

​鶏ムネ肉をまな板の上で細かく包丁で叩きそれを水をひたひたにいれた鍋で火が通るまでよく炒ります。そこに茹でた鶏の砂肝やレバー、鶏皮なども入れレモン、ナンプラー、唐辛子、米の煎り粉のカオクワで味付けします。ミント、赤玉ねぎも入れ軽く和えます。皿に盛り付け生キャベツも添え上にパクチーをのせたら完成です。タイもち米「カオニャオ」と一緒に口に中に入れれば気分はもうタイ東北地方へ!

62,牡蠣鉄板焼き OYSTER ON HOT PLATE ¥1100

IMG_0185.jpg

​大振りの国産の生牡蠣をスープと共にフライパンに投入し玉子も割入れます。火が通ったらオイスターソース、タイ黒醤油、白醤油で味付けしさらにとろみを出すため水で溶いた片栗粉も入れます。トロミがついたら熱々にしてある鉄板にまず生モヤシをしいてその上にこの牡蠣をのせます。ジュージュー音をたてて運ばれてくるので店内の注目を浴びる料理です。タイではホースワンといい中華系タイ料理、台湾にも同じような料理があります。

63,牛タンのサラダ、SPICY BEEF TONGNUE SALAD

​¥1100

IMG_0927.jpg

​国産の牛タンのスライスを軽く鉄板で炙り火を通してさ皿に敷きます。その上にトマト、キュウリ、赤玉ねぎをナンプラー、レモン、唐辛子で和えたサラダをのせパクチーを盛って完成。牛タンと聞くとなぜか心がときめく、そんな発想で考えたイーサン食堂オリジナル料理です。

64,鶏肉のバジル炒め、FRIED CHICKEN WITH BASIL

​¥1100

IMG_0612.jpg

​タイ人家族が皆で一緒にご飯を食べる時は皆に一皿ずつのライス、タイのオムレツ、春雨入りの辛くないスープ、そして鶏肉をミンチにしてフライパンでにんにく、唐辛子と共に炒め最後にバイカパオというシソ科のハーブを入れたこの鶏肉バジル炒めとともに食べるのがもっともオーソドックスかもしれません。もちろん私の私見です、、。

65,激辛焼ききしめん、パッキーマオ 

FRIED NOODLE WITH THAI HOLLY BASIL​ ¥990

IMG_0356.jpg

この料理はパッキーマオ。訳すれば酔っぱらい炒め。まったくなんのことかわからない名前ですが一説によれば酔っぱらいの酔いが一瞬にして覚めるほどの辛さ、というところからきてるそうです。豚スライス、米太麺(きしめん)を唐辛子、にんにくと炒め、最後にバイカパオも入れます。バイカパオの香りが食欲を掻き立てます!辛いもの好きの焼ききしめんです。

67,イカのカレー炒め FRIED CURRY SQUID​ ¥1100

IMG_0964.jpg

ボウルに玉子2個、牛乳、カレー粉、揚げにんにくを入れソースを作ります。そしてフライパンを熱して、ソースが辛みやすいように切り目を入れた新鮮な生スルメイカを投入し、そこにボウルの中のソースを流し込みトロトロになったら皿にもって完成。カレーとにんにくの香りが混ざりあってイカによくあいます。

68、蟹オムレツ CRAB OMELETTE ¥1320

IMG_0120.jpg

バンコクに「ジェーファイ」という蟹専門料理店があるのだがそこの一番有名で毎日100食以上販売されているのが蟹オムレツ「カオチャオプー」この料理はそれをまねて販売しているのだがもちろん本家本元にはとおく及ばない、。

​玉子を4個ボウルに割入れそこに蟹の身を入れる。フライパンを熱し油をひたひたに入れその油にこのボウルの中身を流し込む。上手く蟹の身を中央になるようにして形を整えて皿に盛る。パクチーとレッドチリソースを添えて完成。イーサン食堂ノ「カオチャオプー」もお召し上がりください。

​69、パクチーサラダ、CORIANDER SALAD ¥990

IMG_0624.jpg

パクチーせり科の植物で英語ではコリアンダー、タイ語ではもちろんパクチー、中国語では香菜(シャンツァイ)、じゃあ日本語はなんていうのかと言うと「コエンドロ」といいます!ポルトガル語がそのまま鉄砲やらなんやらと一緒に日本に伝わったらしいです。日本にはこのパクチー大好き女子が多く彼女らから大好評いただいてるのがこのパクチーサラダです。パクチーをもりもり皿の上にのせその上に海老やイカをナンプラーやレモン、唐辛子で和えたものをのせます。パクチー愛の方是非どうぞ!

㊾、激辛パパイヤサラダ、SPICY PAPAYA SALAD

​¥1100

IMG_0231.jpg

「ソムタム」はタイ語、ラオスとかタイ東北部では「タムボックフーン」といいます。タイの食堂で『ソムタム』くださいというとなんのソムタム?と聞き返されることが多いです。パパイヤとトマト、ピーナッツ、ココナツシュガーでつくるのが「ソムタムタイ」これがイーサン食堂では⑪です。パパイヤ、トマトに唐辛子、発酵した沢蟹を入れるのが『ソムタムプー」、発酵した魚(パラー)を入れたのが『ソムタムパラー」、パパイヤの代わりにキュウリでそくりのが「タムテーン」、などこれらの総称がソムタムです。この激辛パパイヤサラダはパラーをいう発酵した魚のエキスが入っている唐辛子たくさんのソムタムです。辛い物、臭い物好きの方是非トライしてみてください。